T69


6'9" #3 4P このモデルはロッド中央が折れ曲がる様に曲がるセンターホ―ルデイングアクションを持っています。過去にこの様なアクションを故意に持たせたロッドは見た事はないのですが、慣れてしまうとその生物的な動きはきっと病みつきになると思います。ロッド中央部のほぼ一点が曲がる様なテーパーなのですが、そこにセンターフェルールの突っ張る部分が重なるため、テイップ部分を素早く弾き返す様な動きをします。実際にはワンテンポ遅れてテイップがラインを運ぶ感じですが、テイップフェルールの質量が拍車をかけるため、まるでバスケットボールのダンクシュートを決める様な感覚でプレゼンテーションが出来ます。
ショートロッドのわりには長めのリーダーもこなせると思いますが、シュートの時テイップでスナップを利かすイメージで強くリストダウンして素早く振り切るのがコツです。この生命感の有るロッドで釣りをしていると何か腕が上がった、いや腕が一関節伸びた気になるのは僕だけでしょうか。
[PR]
by kakuhiro-rod | 2012-05-23 06:21 | Comments(0)
<< S76 フェルールの質量 >>