L79

c0236181_6315543.jpg モデル名の(L)はLoutus、ハスの根の蓮根の意味です。7'9"#3/4 4P  このモデルは蓮根の外見の様にフェルールをくびれとして各セクションの中央が膨らんだ形をしています。テーパー上の事なので見た目には解らないのですが、その効果はかなり期待できます。 フェルールとその前後が突っ張って曲がり難いと言う事は、マルチピースロッドでは各セクションの中央がよく曲がる現象が起きる事になります。スローなストレートテーパの S76 ではまさにこの特性を活かして張りとしなやかさを両立させているのですが、「ではセクション中央も突っ張らせたらどうなるのだろうか、ロッドに張りを持たすファクターとして使えないだろうか?」と考えた訳です。 始めのプロトは5ピースでした。
 L79 はセクションの中央を膨らませながら全体をプログレッシブアクションになる様に整えてあります。本流で出番の多い 7'9"としては、独特の張りと軽快さをもったその構造とはうらはらの素直な使いやすいロッドです。  またこのデザインはバンブーでのロング・ライトラインロッドの可能性を広げるのではないかと考えています。
[PR]
by kakuhiro-rod | 2013-02-21 06:33 | モデル紹介 | Comments(0)
<< トラウトロッド S76 >>